明治学院大学 文学部芸術学科 芸術メディア系列のゼミです。
週に3回のペースで活動内容などを報告していきます!
<< 段取りを立てる大切さ | TOP | 出会いのきっかけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
変わっていく

 

こんにちは。〈ミルクティー〉です。

2月に入り、テストやレポート期間も終了し、最後の春休みへと入りました。つまり学生生活の残された時間もわずかということです。私はというと、卒論執筆に打ち込んで働けなかった分を取り戻すかのように、連日アルバイトをしています。

 

自分の大学生活を振り返ると、4年生の1年間は、大学生活の中で1番濃い時間だったような気がします。就職活動が解禁された3月頃には、毎日のようにエントリーシートに追われながら、面接対策や、SPIの勉強をしていました。

それと同時に、ゼミも始まったので、就職活動とゼミ活動の両立をしていました。夏休みに行った夏のサブプロジェクトのラジオ企画でも、ゼミと就職活動について話していたことを思い出します。就職活動がひとまず落ち着いたと思えば、息をつく暇もなく卒論やゼミのことで手一杯になったような気がします。

 

卒論を書いている時は、本当に嫌になることが多かったことを覚えています。卒論を書いている時の息抜きは、何かを食べること以外にはありませんでした。手がパソコンから離れると、驚くほど無意識にお菓子に手が伸びてひたすら食べてしまいます。そのおかげで、体重が増えてしまいました。3月までに増えた体重をどれだけ戻せるかが今の私の最大の課題です。

 

逆を言えば、「3月までに体重を戻す」という課題を自分に課せることができるくらいに、今時間が有り余っているということが実感できます。この1年を振り返ると、常に時間と緊張感に追われているような切羽つまった感じがしていました。現在はそれから解放され、まだ4月の心配をするのも早いこの23月は、時間がないようで、思った以上に時間があります。今までの私なら、この時間でひたすら家にいることを選んだと思います。しかし、今はそれが少しだけ怖く感じます。なぜなら、糸が切れたように「何もしない」状況にすぐに順応してしまいそうだからです。

 

ゼミ活動を通して、自分のなかで「少しだけ強くなった」と思うことがありました。月1回の発表やゼミ生との話し合い、卒論のための調べもの、雑誌の言説の収集などを行い、卒論提出の日まで、逃げずにひたすら執筆し続けてきました。そのなかで、具体的にと言われるとうまく言葉にできませんが、自分が感じる範囲で今までとは違う自分に出会えた気がしました。しかしいまは、そうやって出会えた新しい自分がこのまま歳を重ねていくにつれて、消えてしまいそうな恐怖があります。

 

11日、自分の気持ちも考え方、体調は変わっていきます。それは、必ずしもいい方向とは限りません。悪い方に変わっていくのは、良い方に変わるよりも簡単で、本人が気づかないような速さで悪い方へ落ちていくような気がします。それに気づけるのも本人しかいません。なぜならば、周囲は悪い方向へ落ちていることに気づいても注意はしてくれないからです。むしろ「落ちるところまで落ちればいいのに」と思っているかもしれません。そう思うと、ゼミ生といろいろな話し合いをしたり、相談や助言をし合えたこの1年は貴重な1年間でした。

 

そうやって、1年間自分の中で積み重ねたものが消えるのは積み重ねる時間よりももっとずっと早いのだと思います。そう思うと、アルバイトや遊びの間の時間をうまく使って、今の自分よりもさらに成長できるようなことに時間を使う努力をする必要があると思いました。ブログを書いている時点は、何を具体的にとまで考えついていませんが、今まで知れなかったことを知ることができるようなことをしたいです。

 

余談ですが、夜型体質を変えることも今後の自分のためにやりたかったことの1つのことです。社会に出る4月までにきっちり訓練したいと思います。

 

以上、〈ミルクティー〉でした。

次回の担当は、〈さとうきび〉さんです!!

posted by 長谷川ゼミ | 03:14 | 長谷川ゼミ(2016) | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 03:14 | - | - | - |
Search this site