明治学院大学 文学部芸術学科 芸術メディア系列のゼミです。
週に3回のペースで活動内容などを報告していきます!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
2012年度長谷川ゼミの制作ページ開設

こんにちは!<ミシェル>です。

今回は、2012年度長谷川ゼミの制作ページの開設告知をさせていただきます。

 

明治学院大学 文学部 芸術学科 メディア系列 長谷川一ゼミ【hajimedeia.net】にて、「東京貼り紙マップ」と「授業・ワークショップ」のページが公開されました。

http://hajimedia.net/index.html

 

「東京貼り紙マップ」では、長谷川ゼミが7月に行った上野でのフィールドワークの調査結果や活動記録を見ることができます。

「授業・ワークショップ」ページの「ワークショップ」コンテンツには、夏ゼミ班が制作してきた、長谷川先生の授業での作品のアーカイブや、リフレクションなどが載っているので、ぜひご覧下さい!

 

<ミシェル>

posted by 長谷川ゼミ | 10:53 | 告知(2012) | comments(0) | trackbacks(0) |
【告知】2012年度長谷川ゼミホームページ開設!


こんにちは!
本日は2012年度長谷川ゼミのホームページ開設の告知をさせていただきます。
<えみし>がお送りいたします。

4
11日の初回ゼミから少しずつ話し合いを重ねてきたホームページは、本日516日に予定通り開設することができました!
http://www.meijigakuin.ac.jp/~hhsemi12/
こちらのインデックスから、2つのチームのページとゼミ長の部屋に飛べるようになっています。

長谷川ゼミが今年度、ふたつのチームに分かれてホームページやブログのことを進めていることはすでにお話しています。
チームごとにホームページを作ることが決まったときは、皆でひとつのホームページ制作に向けて動き出していたときでもあったので、完全にふたつのチームに分かれてしまうことに寂しさも感じていました。
けれども、実際に少人数で動いてみると、全員で話し合うよりも親密に、かつひとりひとりが機能して話し合いを進めることができ、それぞれの色が出せるページを考えていくことができたのではないかと思っています。

また、これまでは各チームのことを、仮にA班、B班と呼んでいたのですが、このたびそのチーム名を話し合い、正式にA班が【?】チーム・B班が【!】チームになりました。
「それぞれに個性があって、2つがセットになると考えられるもの」をチーム名にしたいという思いのもと、たくさんのアイディアを出していき、このチーム名になりました。
私たちがゼミ活動をしていく上で重要な、「疑問をもつ姿勢」、「自分たちで発見していく姿勢」を、【?】と【!】という記号で表現しました。
このチーム名が、インデックスのデザインのコンセプトとなっています。

また、今回のホームページには、各チームのページのほかに、「ゼミ長の部屋」というものがあります。これは、どちらのチームにも属し、また属さないゼミ長<かわしま>ならではの視点で運営していくページとなっています。

各チームのページも、今後チームごとにコンテンツを企画していき、おもしろいページにしていきたいと思っています。次回以降の更新にもご期待ください!

ではまた!

<えみし>

posted by 長谷川ゼミ | 09:50 | 告知(2012) | comments(0) | trackbacks(0) |
【告知】2012年度Twitter始動!


みなさんこんにちは!
本日はTwitter始動の告知をさせていただきます。
B班の<えみし>がお送りいたします。

私たち長谷川ゼミでは、ホームページ・ブログ・Twitterを通してゼミ活動の様子を発信していくことを、これまでの記事ですでにお伝えしています。
その中で、使い方を模索していたTwitterですが、このたび「まずはとにかく使ってみよう!」ということになりました。

そもそも私たちがTwitterの使い方について悩んでいたのは、ツイート(つぶやく)、リプライ(返信)する、リツイートする、ハッシュタグを使うといった既存の使われ方にとらわれず、Twitterもひとつのプロジェクトと考え、なにか面白いことができないかと考えていたからでした。
ゼミの中には、Twitterを普段よく使っている人や、私含めTwitterを使ったことがない人もいます。そのなかで、Twitterの使い方について改めて振り返りながら、おもしろい使い方をイメージしていたわけですが、私たちは「なぜ使うのか」「なんのために使うのか」ということを考えるばかりで、実際に使ってみながら考えるという発想がしにくくなっていたのかもしれません。

18日に行われた第2回ゼミで、そのような状況を見た長谷川先生に「まずは使ってみることも大切」というお言葉をいただき、試しに使ってみることにしたのでした。

今回は、試行期間ということで、ゼミ生全員が1回以上ツイートできる方法を考えました。また、私たちのゼミは人数が多いので、なにかのテーマを決め、それに対してゼミ生がツイートするという形で進めていきたいと思っています。また、Twitterはブログとは違い、他のゼミ生による添削という過程が行われないことからも、その都度決まったテーマの中で発信していくことになりました。
そこで思いついたのが、3年生のときに長谷川先生の授業で勉強した「描写」でした!
長谷川先生の授業では、自分の身近にあるもの(そのときつけていた時計や、ペットボトル等)を描写してみるということをしました。そのとき、描写するとは「目に見える事実のみで、対象をとらえること」だと勉強しました。
目に見える事実、つまりカメラに映るような情報のみで、対象を、それが持つ背景から切り出してつかまえるということです。そのとき、目に見える事実のどこにポイントを置くか、それをどのように組み合わせるかによって、描写する人の「目」が試されてもいます。

私たちはふだん、身の回りのことを当たり前のこととして、疑問に思うことなく生活してしまっています。そのことは、ゼミの話し合いの中でも顕著に感じられます。

第2回ゼミで、私たちは長谷川先生に「アポロチョコはなぜアポロチョコか」ということを問いかけられましたが、私たちは十分な説明をすることができませんでした。これは私たちの無知さを表してもいますが、お菓子の名前ひとつに対しても「なぜアポロなのだろう?」と疑う視点がなかったともいえます。「アポロチョコ」という商品の名前を、疑問を持つことなく受け入れていました。

私たちは1年生のときから、「当たり前だと思っていることがいかに当たり前でないかに気づく」ためのトレーニングを行ってきました。今回の「描写する」ことが、私たちがいかに物事を見ているようで見ていないかということに気づく視点を得るための、ひとつのトレーニングになるのではないかと考えています。

Twitterの、写真をアップできるという機能を利用し、自分が写真に撮ったものを140字以内で描写します。
期間は本日から、4月30日までです!
まずは写真を見ずに、私たちがなにを描写しているのか、ぜひ想像してみてください!
Let’s follow us!!!
http://twitter.com/hajime_semi

(また、Twitterのアカウント画面にURLが載せてありますが、このURLは前年度のゼミのホームページのものです。今年度のホームページは5月の中旬〜下旬を開設予定としていますので、少々お待ちください!)

次回更新は4月23日です。第2回ゼミのことについて<ゆーめん>がお伝えします。
ではまた!

<えみし>

posted by 長谷川ゼミ | 12:35 | 告知(2012) | - | trackbacks(0) |
Search this site